あせらず、さわがず

アラフィフおばさんが脈絡なく書いてるブログ~あとは野となれ山となれ

どーーでもいいこと

渋谷のハロウィーンのニュースをテレビで見た時、信じられなかったのが夜の明るさだった。

スクランブル交差点かな?「夜6時頃の映像」が流れてたけど、最初昼間にしか見えなかった。今頃なら夜6時はとっくに太陽沈んでるはずだけど…。あの交差点だけ、ハロウィーン騒ぎが終わるまで明るくしてるのか、撮影したNHKがいっぱい照明あててたのか知らないけど、どれだけ明るくしてるのかと思った。画面には夜の暗さがどこにも見えなかった。


まあ、夜があんなに明るかったらテンション下がらなくて、そりゃ誰も帰りたがらないよ。脳内で昼間だと判断して昼間用の体になってるんじゃない?

アラフィフおばさんも一応、介護の資格持ってるので、昔、心と体の仕組みを勉強したなー。睡眠と覚醒のメカニズムとか、光とメラトニンが影響してるとか。
介護関係なく睡眠は大事だから、テレビでもネットでもそういう情報よく見るし。うつ予防にも関係してるって最近見たし。

私がテレビで見た渋谷の交差点に限って言うなら、真逆の対応してることになる。あのお祭りの過熱っぷりを抑えたいなら、あの期間だけ、あの近辺だけ勇気を持って夜間は意図的にブラックアウトしてしまえば?って乱暴な妄想をしてしまう。信号機も点かないから、前もって周知して道路も全車通行禁止。お店も日没前に営業終了。

迷惑行為するな、早く帰れって言っても、テンションがおかしくなった人には伝わらないし。だったらテンションおかしい人を遠ざけるか、自分達が人のテンションをなるべく煽らないように振る舞うか。

前に台風に備えて電車の運行やめたりお店閉めるのを早めたりしてたから、その気になれば…?田舎者は身勝手な想像ばかりしてしまう。