あせらず、さわがず

アラフィフおばさんが脈絡なく書いてるブログ~あとは野となれ山となれ

早朝なら掃除洗濯がラク 今のところ

梅雨明けしたら連日暑くてエアコンつけっぱなしなことがほとんどになった。
ただでさえ怠け者でダラダラしがちなのが、余計にダラダラ。無職生活をちょっと惰性で続けてる感じがしてきて、さすがにマズいと思ってきた。

暑い時に動き回るのが嫌で、早朝に掃除と洗濯をするようにして、今のところ続いている。
4:30頃に起きて、まず掃除。掃除といっても1Kアパートのリビングと台所のフローリングを、ドライシートとウエットシートで拭くだけだ。同じシートでトイレ内の床も拭く。朝一番に床面がきれいになるだけで、一日の気持ちの重さがちょっと軽くなる。

パッドシーツとケットを起きてすぐにベランダに干すこともある。除湿の効果は分からないけど、朝の清々しい風に寝具を当てると考えると、これも気持ちが軽くなる材料になる。

洗濯は毎日はしない。引きこもり気味の無職生活ではそんなに汚れ物は出ない。古物件ゆえ洗濯機置き場がベランダにあるので、洗濯機のスイッチを押すにも洗濯物を干すにもベランダに出ての作業が多い。日焼け防止でベランダに出る時は長袖のカーディガンを羽織るけど、今の時期当然暑い。早朝なら陽は当たるもののそれが随分マシになる。ベランダの掃き掃除も苦じゃなくなる。
今は気温が高い(本音:高すぎる)ので午前中に乾いて取り込める。

掃除とか洗濯のような身綺麗になる家事が朝イチで終わるのが気持ち良い。
当然夜は20時頃には眠くなる。昼寝することも多々。まあ、ダラダラ無職生活ゆえ誰かに迷惑がかかる訳でもない。

以前介護職をやっていた3年ほどは、日々疲れるので20時台21時台に寝るのが当たり前だった。早番勤務のため3:30~4:00に起床するのもそんなに大変じゃなかった。辞めてからも生活サイクルはそんなに変わらなかった。ダラダラ無職生活でも23時まで起きてるのがツラいし、アラームなくても5時頃には目が覚めちゃうので、新たに始めたのは起きてから床を拭くということだけだ。

生活サイクルが年寄りモードになってるだけかもしれないけど。

冬場に続けられるか、仕事再開したらどうなるかは分からないけど、住環境と気持ちをスッキリさせるためにどうしたらいいかを考えて暮らしたいな。