あせらず、さわがず

アラフィフおばさんが脈絡なく書いてるブログ~あとは野となれ山となれ

何か怖かった霞ヶ浦

土浦市に住むとりあえずです。

蒸し暑い。(-ω-;)
土浦市は海沿いにはないですが、霞ヶ浦のおかげで西隣のつくば市などよりは気温が上がりにくいとか(図書館の霞ヶ浦紹介コーナーで見た)。水に空気を冷ます機能があるせいなのか、確かに、県西地域といわれる常総や古河、坂東より天気図上の気温は低いです。県西、つまりもうすぐ栃木な地域です。

国内2番目の広~い水面の霞ヶ浦の恩恵がこんなところにもあるんですね。

とは言え、30℃超えれば十分暑いです。

天気もいいし、ちょっと涼しめるかなーなんて期待を抱いて、霞ヶ浦を見に行きました。

その名も霞ヶ浦大橋。国道が霞ヶ浦の上を走る部分です。青い水面の上をドライブすればまず気分が涼しかろうと思ったんですが…。
f:id:toriaezu113:20180628094421j:plain
水が黒い。青みなし。茶色っぽくも灰色っぽくもあり。霞ヶ浦大橋に入るちょっと前から視界の左側に見えてたのに、初め畑に被せるビニールシートだと思ってた。5月に通った時の青色はどこへ?

画像は霞ヶ浦ふれあいランドの虹の塔から撮ったもの。奥が土浦方面。

この橋は途中車を停めて降りられるような場所はないんですね。ただ通るだけ。それにしてもこんな暗い色にもなるのかー。風がビュービューで結構波も立ってた。濁流?

水深が平均4メートルとかなり浅いから、風の力で底の方まで波が出来て、泥が水面まで上がってくるみたいですね。梅雨時だし雨が降ったり河川からの流入も増えたりで、余計水がかき混ぜられてるのかな。

霞ヶ浦大橋を渡ると行方市。そしてすぐに霞ヶ浦ふれあいランド。うち、水の科学館と虹の塔に入ってみた。入場料600円でどっちにも入れて、片方しか入らなかったら後日いつでも同じ券で入場できる。

平日なのでどっちもガラガラ。風吹いてたけど結局建物内で涼んだ。

水の科学館は、細かく見なかったせいもあると思うけど、特に刺激にはならなかった。グラフなどのデータが平成17年で止まってたし。夏休みの自由研究のきっかけとか素材になるのだろうか?

虹の塔は、60メートルの高さから360°の眺めが楽しめた。
f:id:toriaezu113:20180628110118j:plain
f:id:toriaezu113:20180628110227j:plain
天気が良いだけにやっぱり水の色の暗さ・濁りが際立つな。空や田んぼは鮮やかなのに。
筑波山スカイツリーなんかも「らしき姿」は見えた。100円入れる望遠鏡が各方向に据えられてたけど使いませんでした。

で、帰ろうと思ったんですが。霞ヶ浦大橋を戻るとかすみがうら市になるんですが、近くに水族館もあるので寄りました。
f:id:toriaezu113:20180628111156j:plain
こじんまりした可愛らしい建物。霞ヶ浦にいる魚類が展示されてました。入場料310円。貸切状態。

外来種っていうのは、国内からでも元々の環境にいないものが入ればそう呼ばれるんですね。それは知らなかった。

隣の交流センターでジェラートとかスイーツが楽しめて、お米とか魚介の加工品も売ってた。ブルーベリー入りのカレー、買ってみようと思ったけど忘れた。
霞ヶ浦沿いのサイクリングコースのすぐそばなので、レンタサイクルもあり。

で、霞ヶ浦の水。
f:id:toriaezu113:20180628113953j:plain
強風で水がグングン移動していく。近くで見ると茶色だった。
動画まで撮ったんですけど、護岸のコンクリートにも水がバシャバシャかかって、うっかり引きずり込まれそうで怖い。ボーッとしてるとスマホ落としそうだ。こういう水でも釣り人はいた。護岸コンクリートに座ってるし。
自分が立ってるこの道路は車道&りんりんロードのコースで、湖岸沿いに帰ることも出来たけど、やっぱり怖くてやめた。

夜の霞ヶ浦はどう見えるのか気になる。60メートルの虹の塔は20時まで開いてるから、その気になれば見に行けるな。

かすみがうら市水族館と交流センターの間にあった石の彫刻なんだけど
f:id:toriaezu113:20180628121149j:plain
鯉が2匹ともひっくり返って死んでるようにしか見えなかった。背びれが寝てるせいか、体が半分出ているからか。

読んで下さった方、ありがとうございました。