あせらず、さわがず

アラフィフおばさんが脈絡なく書いてるブログ~あとは野となれ山となれ

どーーでもいい話 美術館から

茨城県土浦市に住み始めたとりあえずです。

前回・前々回で笠間の美術館めぐりをしてきたことを書いたのですが、それについて、どーーでもいいことを書いておきます。ブログとは言え、誰にも宣伝してないし、自分の思ったこと、書きたいことを記していくだけのモノですので、そこはご容赦下さい。

笠間日動美術館茨城県陶芸美術館、両方の売店で小さい買い物をしたのですが、共に

売店のクレジットカードでの決済処理が不慣れ」

これが残念でした。まずカードリーダーがレジ近くになくて探したり取りに行ったり。操作もたどたどしくて思ったより時間がかかりました。そして両方ともミスをして、店員さん側の処理も私の暗証番号入力もやり直し(ミスの内容はそれぞれ違ってましたが)。

茨城の魅力アピールして、いろんなルート使って、外から人を呼ぼうとしてますよね? お金を呼ぶにも時代の流れに対応していろいろ使えるようにする必要あるんじゃないかな。手数料とか機器導入が大変なのは分かるけど。
交通系ICカードとか電子マネーなんて、ポストカード数枚買うぐらいのお客さんをさばくのに楽だと思うけどな。1万円超えるようなお高い品物も扱ってるなら、クレカ処理ぐらいサッと出来るようにしといた方が、そういうの買ってくれるお客さんにも親切だと思う。館内はもちろん美術館周辺にお金おろせる所ないし。人が多く集まる土日祝日なんて、お金おろすのに手数料かかる場合もあるし。

入館料とか中の飲食店も現金のみって、もうやめてほしいな。
キャッシュレス美術館、現金に触れないってだけでスマートなイメージで風通し良くなりますよ。

そんなところです。
読んで下さった方、ありがとうございました。