あせらず、さわがず

茨城県土浦市でコンパクトに暮らしてみたい

2019年3月、伊藤若冲展、福島県立美術館で開催

来年3月、福島県立美術館伊藤若冲展が開かれるとのニュースを目にした。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181019-317286.php

前にも同じ福島県立美術館伊藤若冲の作品を観に行ったことがあるので、「え!また若冲さんが来てくれるの!?( ´∀`)」と嬉しくなった。
リンク先の記事でも触れてるけど、あれは5年前の「プライスコレクション展」で、他の作家の作品も展示されていた。確か「若冲が来てくれました」というキャッチコピーみたいなのがついてたんだった。

5年前のは東日本大震災からの復興支援のひとつとして、岩手と宮城でも開催されていた。当時、私は宮城に住んでたけど宮城での開催時期には日程が合わず、その後の福島で観に行った…いろいろ思い出される。8月の暑かった日。駐車場の誘導員のおじさんの顔の、真っ黒に焼けて深ーく刻まれたシワ。「来てくれました」というフレーズに思わずウルッとなったこと。

今度の伊藤若冲展も東日本大震災からの復興祈念企画、展示作品は全て若冲さんのものだそうで本当にありがたい企画だ。絶っっ対に観に行く。

私は3.11を宮城で経験したけど、私自身の被災状況は例えるならかすり傷程度。比較的かなり早い段階で日常生活に戻れたので、被災者意識もすぐに消えた。
それでも生活環境はあちこちが傷だらけの「被災地」の真っ只中であり、「被災地」として語られる報道もたくさん見聞きする。自分の周りが「被災地」という空気で覆われてるような、蓋をされてるような重たさを感じることが続き、気持ちがシュンとなる。

そういう中、震災からの復興祈念とか復興支援という名目で開かれた美術展にいくつか行って、ずい分と気持ちが助けられた。

特に知識や絵心があるわけでもなく、そういう美術展をきっかけに初めて知ったものばかり。だけど、災害がきっかけとなって、災害で傷を負った土地に、多くの人を感動させた美しいものが来てくれる。美しいものを観て実際に気持ちが潤ったり癒されたりする。災害が無ければこの美しいものがここに来ることはなかったかもしれない。
表現が適切でないかもしれないが、災害からの恵みだと思った。災害はつらい経験や教訓や学びばかりでなく、美ももたらす。


今度の福島での伊藤若冲展は、私にとってそうした「美」がまたやって来る感じだ。3.11の後も自然災害が続いているから、被災の状況を見聞きする度に自分が見たものと重なって、やっぱり気持ちがシュンとなる。たまに美術品を眺めるという、日常のストレス解消とは別の方法で気持ちを改めることは、私には大事なことなのかもしれない。


それに、福島県立美術館は、建物と背後の信夫山と空との調和がとっても美しい。20年以上前に初めて行った時からずっとその印象で覚えている。300mもない低い山だけど、その低さとなだらかな稜線に合わせた建物。山と建物に高さがないので、空の広さがこれまた際立つんだなー。
https://art-museum.fcs.ed.jp/

ホームページにはそれが分かるような画像が無かった。来年若冲さんを観に行ったらこのブログで紹介するかもしれない。

久しぶりに更新。今回もお給料の話。

前回の記事から1か月近く開いてしまった。書きたいことはちらほらあって、書いてみてはいるものの、上手くまとまらず、うやむや~になってばかり。
情けない。

今回もお給料、お金の話にしてしまおう。

派遣での介護の仕事、先月分のお給料も週4勤務にもかかわらず20万円を超えた。ホント、時給が高いってありがたい。

でも、税金や保険料が引かれて、手取りは20万円切ってしまう。この持ってかれる分が厄介だなあって、いっっっつも思う。

だって、多く稼いでも、その分引かれる額も上がっていくから。結局手取り額はほとんど変わらない。
収入を増やそうと勤務を週5にする気になれないのはそこが引っかかるから。
手元に残る分が同じなら、下手に時間と体力を使ってあくせく働くこともない。それに支給額を下手に増やしてしまうと、次の年の住民税も上がって、そこでも更に持ってかれる訳で…。

セコいというか、自己中心的な考えだと思うこともあるけど、生活の維持とストレスのコントロールのバランスをとろうとすると、今は今のペースでいいとも思っている。

以前の正職員だった時は、わずか3年程の勤務でも収入は毎年増えていた。基本給が1年毎に上がって、それに合わせて賞与額も増えた。
なので、保険料も住民税も増える一方。総支給額が増えても引かれる分もガッッツリ引かれて、手取り額の変化の無さにホント、失望した。

いや、変化がないというのは嘘。少しは増えたんだけど、サービス残業含めて働いた分やストレスフルな労働環境で諸々消耗した分を埋め合わせる程ではないと感じていた。

そういう納得のいかなさも入り交じって、今の週4勤務と派遣労働に落ち着いたという訳だ。


お金に関することは書きたいことが他にもあるのだけど、なかなかまとまらず進まない。お金のことを書いたり話したりするのは、恥ずかしいような抵抗があるような感じだ。良くも悪くも悪くも悪くも「自分」が出るからね。

派遣介護のお給料、満足感ハンパない

派遣で介護の仕事を始めて2か月が過ぎた。
7月の途中から始めたので、8月で初めて1ヶ月分働いたことになる。
で、その8月分のお給料は…
なんと、20万円を超えた。
税引き前の交通費などを含めた金額(しかもかろうじて…)だけど。税金などを引かれて振り込まれた額は20万円切っちゃったけど。

16日しか働いてないのに。残業もサービス残業も1分たりともせず、定時でさっさと帰ってるのに。

このお得感と満足感は、私にとってはもんのすごく大きい。
計算すればすぐ分かるんだけど、振り込まれる前に届いた明細で数字として見たときは、「わーマジか!?」Σ(゜д゜ って驚いた。
「あれだけで20超えるんだ……」 嬉しさより、高時給の威力というのか、すごさを思い知った。

もう一度言う。月の半分ほど、16日しか働いてない。残業0。
前の職場では、正職員の休日は月9日と決まっていたから、働く日数は月に21~22日。そこにサービス労働が当たり前のようについてきた。

金額だけなら前の職場の方が多かったけど、サービス労働のために職場に拘束される時間を考えたら、満足感も納得感もずーっと低かった。これもストレスだったなーと今では思う。そのストレスと体の疲労を引きずって仕事をしていたわけだけど、派遣になることでそれらが一気に0になった。

生きていくお金を得るために引き受けるストレスがずい分小さくなって、気持ちは驚くほどラクに軽くなった。体の疲労もとれやすくなって体も軽い。
働き方を変えて本当に良かったと思っている。

そして。
今の派遣先での契約が更新されることになり、更新後は時給が上がることにもなった。本当にありがたい話。

とは言え。
あくまで派遣労働だから、いつ「もう来なくていいよ」と言われるかは分からない。

一方で、派遣を受け入れる施設というのは派遣に頼らざるを得ない、それなりに問題のある施設。
なんだけど、今の職場は私に、職員さんやパートさんたちと同じ仕事を、より高い時給でさせてくれる。

働く環境を変えたら、前の職場という比較対象も出来て、いろいろ思うことはあるけど、派遣先には感謝しつつ、依存せず淡々と関わっていくのがいいのかな。
…などと、お給料に満足した精神的な余裕から余計なことも考えてしまうのでした。

今朝見たこと感動したこと

図書館で借りた本の返却日なのに、まだ読み終えていないから早いとこ読んでしまいたいのだが。

せっかくの休みだから徒歩圏内の図書館に出かけて、早いとこ読書タイムに浸りたいのだが。

派遣で介護職始めて、1ヶ月分のお給料が初めて振り込まれたから、その割の良さを早いとこアピールしたいのだが。

今朝見たことを早いとこ書いてしまいたい。

アパートの敷地のコンクリートと道路のアスファルトの境目から生えている草を、抜いている方がいた。洗濯物を干そうとベランダに出たら目に入った。朝から何てありがたいことを…と思いながら、私が立つベランダの方が高い場所にあるから、その方を見下ろす状況だったことに申し訳ない気持ちにもなり。

その方が同じアパートの住人なのか、近所の方なのかも分からない。しゃがみ込んで、ずっと顔を地面に向けて、草を抜いてはゴミ袋に入れていく。チラ見えする背中。アパートに背を向けていたけど、私が立てる物音で背後から見られてることに気づいたかもしれない。だけど振り返ったりしなかった。草取りしてるすぐ目の前を通る人がいても、頭を上げたりせず、ひたすら草を抜いていた。



草取りに集中してたのか。他人と視線を合わせるのが気まずかったのか。振り返ったり頭を急に上げたりして立ちくらみが起きるのを避けたのか。

抜いた草を入れてたゴミ袋は土浦市の燃えるゴミ用。土浦市は来月から燃えるゴミ用の袋が変わるから、今のゴミ袋を使い切りたいなんて計算もあったのか。

失礼ながらその方の心境を勝手に想像したけど、あのコンクリートアスファルトの境目の草の存在なんて気に留めたこともなかった。ああやって草を取ってくれる人がいるから、何も考えずにあそこを通っていたわけか。あの部分を通って車の出し入れもしていたよ。

運転席からだと背丈の高い草は視界を妨げるから絶対イラッとくるはずだけど、このアパートにに越して以来、そんなストレス感じたことなかった。人だの車だのに踏まれやすい場所だから、草もそんなに伸びないかもしれないけど、歩いてて足に引っかかったなんてこともなかったよなあ…。


私が見た方がずっと草取りして下さっていたのかは分からないけど、お顔も見えなかったけど、人に気づかれない仕事で人がストレスなく過ごせるようにしてくれる。その仕事を見てしまって無条件で感動した。

こういう仕事、世の中にゴマンとあるんだよね。災害や人の移動をきっかけに、ふだん気づかれないまま行われていた仕事がなされなくなって、途端に生活にストレスを感じるようになる。こういう時に、人そのものの数よりもいろんな種類や性質の人がいないといけないな…なんて思う。

手荒れを防ぐ「ハンドバリアプロA」

ブログにはよく使って良かったもの、オススメのものを紹介する記事がある。そういうものを自分も書いてみようと思う。

介護の仕事を始めて、腰や肩など体を傷める不安と同じくらい、私が不安になったことは「手荒れ」である。

私の皮膚はアレルギーはないけど、洗剤にあまり強くない。20代前半にボディーソープで肌が荒れて、皮膚科で合成洗剤は皮膚にも環境にも良くないと言われてから、家ではほぼ石けんだけで生活している。

だけど、介護の仕事はさまざまな合成洗剤や薬品との付き合いでもある。業務に就いて1か月もせずに手が荒れ出した。仕事の合間にハンドクリームで手当てしても追いつかなくなる。指先なんていつもガサガサ。

何かないものかね…とネットをフラフラ見ていた時に見つけたのが「ハンドバリアプロA」だった。

f:id:toriaezu113:20180830234440j:plain

仕事の前にぬる 肌荒れを防ぐ 皮膚保護クリーム


f:id:toriaezu113:20180830234722j:plain

四角い囲みによると、
仕事前にぬることで保護膜を作り、水、湯、洗剤、消毒液、乾燥から指先・手を守る
とのこと。

手が荒れてから塗る対症療法ではなくて、荒れる前に保護して予防するという仕組みにまず、いいなーと思った。しかもお湯や洗剤や消毒液を使っても保護膜が残るっていうのがスゴい。

発売元の大木製薬のサイトも見た。
https://www.ohkiseiyaku.com/product/quasi-drugs/q_handbarrierproa.html

仕事の前だけでなく後にも、仕事の途中でも状況に応じて塗り直して使える。
あと、どこかの薬局のサイトで、他のクリームや薬を塗ってからハンドバリアプロAを重ねて塗ると、保護膜のおかげで有効成分が手肌に残る時間が延びるから、手荒れからの回復も早まる…ようなことが書かれていて、更に試してみたくなり。

見つけた当時、Amazonでもほぼ定価の5800円ぐらいしていたけど、試しに買って使ってみた。ダメだったら諦めて手以外の体に使ってもいいかと思い、1200円の80mlミニサイズは中途半端に割高な感じがして、初めから業務用の480mlを買った。

で、確かに良かった。

もちろん、これだけで劇的に手がキレイになる美容的なクリームではない。
でも、塗った時よりは悪化しない。塗る直前の手肌の状態は最低限保ってくれるから、皮膚の細胞の入れ替わりで自然に治るのを待つことができた。

塗ってから乾くまでの時間は市販のハンドクリームと変わらないし、書かれてた通り、においもしない。

手肌への効果の他に良かったのは、乾いた後も手が滑らないことだった。

手が滑っていたら物を落としやすくなる。車椅子の操作時や利用者さんを直接支えたりする時に、事故を起こす危険がある。

値段がちょっと高いなーと思ってた時に、市販品で水仕事に強いと謳われてたハンドクリームを使ってみたけど、サラサラではなくスルスルした感触で、滑りやすくなった。手のひらと物の間に何かある感じが消えなかった。

で、それに気付いてからはずっとハンドバリアプロAで手荒れを防いでいる。大体半年に1回位のペースで480ml入りのボトルを買っている。
最近はちょっと安く、4000円くらいで買えている。

ボトルは持ち歩けないので、100均の詰め替え容器に入れて、いつでもポケットから出して塗れるようにしている。
f:id:toriaezu113:20180831012354j:plain

セリアだとシリコン製のフニャフニャした詰め替え容器があって、これだとクリームを押し出しやすい。あと、介護中はしゃがんだり利用者さんの体が当たったりするから、ポケットの中の容器が自分の体に当たる時にあまり痛くならないのもいいと思っている。

~~~以上、手荒れを防ぐクリームの話。~~~~
   ここからは介護業務と洗剤の話。

介護の仕事は利用者さんの生活援助なので、生活に関わることは何でもする。当然、洗い物・掃除も利用者さんの代わりにやる。
それと介護施設では当たり前のように感染予防と言われる。
だから洗剤やら薬品と付き合う時間も多い。

出勤したらまず薬用ハンドソープで手洗い&アルコール消毒。仕事中もトイレ介助やオムツ交換の後、利用者さんの居室に入る時など、ことある毎に手洗い・消毒。


入浴業務では利用者さん一人ひとりをシャンプーとボディーソープで洗い、お湯で流すのを延々と繰り返す。ヒゲや産毛を剃る時にシェービングフォームなんてのも使う。それが終わったらお風呂用洗剤で浴室掃除。
入浴できない利用者さんには清拭剤を含ませたタオルで体を拭く。

お湯を常に使うこともあってか、私の場合、入浴業務がいちばん手荒れしやすい。

食事の準備・片付けでは食器やら鍋やら調理道具を台所用洗剤で洗う。介護施設にはもちろん調理員がいて専用の調理室で食事を作ってくれる。だけど、ご飯と味噌汁は利用者さんのいるフロアで介護職員が作るという施設が割とある。
食器についても調理室でまとめて洗浄してくれるのは施設で一括購入したものだけ。利用者さんの私物の茶碗だの、利用者さんの自立度(裏返せば障害の程度)に合わせて選んだ自助具なんかはフロアで管理する。食洗機に入らないものは手洗いだし、食洗機に入れる前の下洗いもする。

利用者さんの入れ歯を洗浄剤に浸け置き。夜間には利用者さんが食事や口腔ケアで使うコップを漂白剤に浸け置きする。キッチンのシンクや排水溝も掃除する。

テーブル拭きにアルコールをスプレー。トイレ掃除にはトイレ用洗剤。床の掃除には次亜塩素酸を使う。

利用者さんの服や入浴で使ったタオル類の洗濯に洗濯用洗剤。失禁や嘔吐で汚染した衣類は漂白剤に浸け置き後に洗濯。

使い捨ての手袋で手を保護しながら出来る仕事もあるけど、全部が全部そういうわけにいかないこともある。手袋の内側の粉で手が余計に荒れるなんてこともあった。


荒れて傷だらけになってる手から細菌に感染する危険だってある。自分の健康を守るためには手肌の健康も大事なのだ。

派遣介護の良さ めっちゃ割り切れる

派遣で介護職。週4勤務で月の約半分が休みという働き方に変えたら、正職員だった時の過酷さとのギャップもあって、とってもラク

だけど、派遣先の正職員さん達はやっぱり過酷な勤務である。そもそも派遣を受け入れている時点で人手不足で大変なんだろうな…と理解して現場に入ってみたけど、想像以上だった。

早番・遅番・夜勤と時間帯がまるで違うシフト勤務を行ったり来たりしながら、人手不足で空いてしまうシフトを残業や早出で埋めている。だからまず長時間。次の勤務までの時間が短すぎる。時間外手当はついても、これは傍から見てて大変すぎる。

しかし。
そんな状況を傍で見ながら退勤時間でサッサと帰って行けるのが派遣の良さである。

前にいた施設も職員がボロボロと辞めていったから、やっぱり残業や急なシフト変更が増えて私も体がツラくなった。退職者続出の前から納得いかなかった部分が、更に納得いかない状況になって精神的ストレスも増えた。今の所の職員さん達のツラさも気持ちも想像できる。

でも私はそこを割り切ってしまうことにした。他の職員がかわいそうだからと自分が平気じゃないのに、無理して職場を助けるようなことする必要はないと。
考え方だけでなく、働き方も割り切らないとズルズルと施設の仕事(職場環境を整える)をいつの間にか背負う羽目になる。だから派遣にしたのだ。

先日、ここの職員さんから、今の施設に入ってからの体の壊れっぷりを聞いて、差し出がましいと思いつつ、ひたすら退職をお勧めしてしまった。体調悪化のサインが出ているのに、長時間職場に拘束され続けているから病院に行くこともままならないんだもの。

そうやって体を壊して仕事できなくなったって、職場が出来ることは限られる。「お疲れさまでした。ゆっくり休んでね」と言って退職手続きをとるしかない。あとは残ってる有給休暇を消化させるぐらい。職場と言えども自分の苦痛を肩代わりできない、所詮は他人なのだ。

その職員さんは「自分が辞めたら残った人達にもっと負担が…」と言う。以前の私もそこでなかなか退職に踏み切れなかった。分かる。

でも、職員の負担を考えて危機管理する(介護の質を担保して利用者へ迷惑をかけない)のは施設側の仕事なのだ。現場で無理矢理カバーし合って何とかしてしまうから、いつまでも施設が危機感を持てない。他人の仕事を勝手に背負い込んで、自分を壊す必要は、ない。

そうやって壊れちゃっても、負担をかけまいとカバーしてあげた職員(他人)が自分を治るまで面倒みてくれるわけでもない。「お疲れさまでした。ゆっくり休んでね」と言って見送るしかないのだ。しつこいけど、所詮は他人なのだ。
だから、何よりもまず、自分で自分を大事にしないといけない。

…のようなことをその職員さんに話してみたけど、ご本人が仕事に対する「~であるべき」をゆるめない限り行動を変えるのは難しいだろうな。

まあ、この職員さんが欠勤しようが辞めようが、私は契約期間中はその日の仕事をして、退勤時間が来たらサッサと帰る。今のところ残業の依頼はないけど、あれば依頼された時間だけ残って仕事するだけ。
だって派遣だもの。それが派遣の良さだと、今は身を以て分かる。

無料でお遊び 遊覧船と「この世界の片隅に」

ちょっと日にちは過ぎてしまったが、2回ほど無料で楽しめるものを楽しんできた。

それは、霞ヶ浦の遊覧船に乗ったことと、アニメ映画「この世界の片隅に」の鑑賞。

その1 霞ヶ浦遊覧船

土浦市のお祭りの一環で無料で乗れるということだった。ふだんは1650円だったと思う。乗船は午後からだけど、10:30からの乗船券配布に並ばないといけなくて、朝から陽射し強烈、体感30℃超えの中、行って並んで券を貰えた!
f:id:toriaezu113:20180816164146j:plain
並んでた途中からテントの中に入れたけど、いるだけで汗が出てくる出てくる💦

午後は体感体温超え(公式でも猛暑日だった)。
窓が開くところが少ない船室に入ったから、風があまり来なくて涼しさとは無縁の汗だくクルーズだった。
屋根のないオープンの席は先に並んだ人達でいっぱいだったので致し方ない。
f:id:toriaezu113:20180816163410j:plain
観光帆引き船も見れた。何というラッキー。
f:id:toriaezu113:20180816163442j:plain
f:id:toriaezu113:20180816163502j:plain
昔はこれでワカサギ漁していたとか、最盛期は600隻だったというガイドが流れてた。今は真っ白で軽やかに見える帆も、漁で使ってた帆はもっと重たくて黄ばんだり擦り切れたりしてたのかもな…と勝手に想像する。

いつも陸側から眺めてただけの霞ヶ浦の沖に出られたのはちょっと嬉しかったな。この水が水道水になって、日々飲んで洗い物して洗濯してトイレも流してる。途中ヨットを操っている人達もちらほら。60年くらい前までは遊泳場がいくつもあって当たり前に泳げていた霞ヶ浦。今は遊泳基準を一部でクリアしているけど「泳げる霞ヶ浦」がスローガンになっている時代。
取水の場でありながら排水の場でもあり、レジャーの場としての期待も寄せられる霞ヶ浦。健気。

その2 アニメ映画「この世界の片隅に

f:id:toriaezu113:20180816172612j:plain
「原爆と人間展」の一環で上映された。広島で被曝した方の話も初めて聞いた。生々しい話あり。お金や配給券があってもモノが手に入らなかったという話、今とは逆だなーと感じたり。モノがいっぱいありながら、お金を稼ぐのにみんな苦労して嫌な思いをしてる時代。

映画の方は冒頭「悲しくてやりきれない」が流れ、実際悲しい場面もいくつか出てきたけど、それがメインではない。ホントに片隅の日常が細々(こまごま&ほそぼそ、両方だった)と描かれていた。

無料で、っていうことについて。

以前の記事、「0円マーケットくるくるひろばinつくば」でもちょっと触れた本、鶴見済さんの『0円で生きる』の、公共サービスを利用するというところに触発されたところが大きい。今回の2つは公共サービスとは言えないけど、お金をかけなくても楽しめる生活を一部取り入れてみた。

ただ、無料で〇〇できるというものには人が集まるので、並んだり混雑するのがストレスになる。以前フルタイムの仕事で疲れまくっていた時は、そういうところに行く気は全く起きなかった。

でも、今は働く時間を減らしたので、以前より時間を自由に使いやすくなったし、体力も回復してきた。おかげで人の多いところでも、自分が興味あるものならちょっと我慢して行ってみようかなんて、気持ちの余裕が生まれているようだ。
やっぱり余裕があるのは良いことだ。